台湾で人間ドック② 寝ている間に終わってしまった胃カメラと大腸内視鏡検査。楽ちん♪

人間ドック当日。朝は8時前に集合でした。
私は朝ごはんを一番食べる習慣があるので、朝食抜きというのが
非常に苦しく、この時点でなんだかすでにフラフラ。

b0182708_13535140.jpg



でも、すぐに日本人スタッフの方が案内してくださり
受付にて問診表の確認、細かい点などの説明などなど。
そしてその場ですぐにピロリ菌検査でした。

やっぱり・・・
台湾なのに日本語ですべて対応してもらえるって素晴らしい~を実感。

そのあと、2階に上がり、ロッカーで着替えです。
ロッカーもお化粧室もとても清潔です。

b0182708_13535167.jpg


検査着に着替えます。紙パンツも!

b0182708_13535107.jpg



そして早速、色々な検査を次々に受けていきます。
待合室も清潔だし、病院のような匂いもしなくて
冷房がかなりきいていて快適~。日本の雑誌なども置いてありました。

同じ日に検査を受ける方の人数も限られているようで
台湾の大病院にあるようなガヤガヤした感じはまったくなく
皆さん、携帯をしたり本を読んだり、過ごしています。

b0182708_13535090.jpg



でも・・・
快適だけで終わる人間ドックではなかったのです。

午後に控える胃カメラ検査と大腸内視鏡検査
もちろん当たり前ですが、大腸に内視鏡をいれるので
腸の中は綺麗にしなければなりません。

私の日本の友は以前、大腸内視鏡検査をやった時は検査3日前から
絶食。で、病院からもらった下剤を家で飲んで大変だったとか。

でも今回、こちらに来る以前に下剤を飲むこともなく
当日、病院にて清腸しますとの説明でしたが・・・


で、用意されていたのが、こちらのセット。
ここからが苦しい水分取りとの戦いとなりました。

まずはこの手間にある900ccはあると思われるコップのお水。
これは糖尿の検査をするためのもので、なんと甘い!
で、ぬるい。これを飲み干すのが第1ミッション。

そして、続いて、この後ろにあるブルーの中の水。
下剤らしいのですが、海水を飲んでいるかのようにしょっぱい!
これを1時間以内に飲まねばならないのが第2ミッション。

加えて、後ろに隠れているマグカップで最低5杯以上
お水を飲んでくださいって・・・


b0182708_13535026.jpg



グレープフルーツサワーならこのサイズでも何杯も飲めるのに・・・
なんてことを思いながら、必死に海水もどきを飲みました。
途中、何度も、日本人スタッフの方から

「苦しいですよね~でも頑張って飲んでくださいね~」

とのお声掛けが。

なにか検査の前に胃腸が破裂してしまうんではないかと思うぐらい
水分でパンパンになり、かなりきつかったです~。

b0182708_13535587.jpg



午前中にはほぼ他の検査は終了しました。
婦人科の検査も細かくしましたが、女医さんだったので良かったです♪

どの検査のスタッフさんも感じがよくて
必要な場合は、常に日本人のスタッフさんが
同時通訳に入ってくれるので本当に楽ちんです。

そして午後には腸の中もきれいになり、検査に入りました。
移動ベッドで点滴が始まり、手術室みたいなところにはいって
喉に麻酔を塗られて(これはバナナ味で美味しかった)
鎮痛剤の注射を打たれたところで意識が・・・

で、起きたら控室みたいなところで寝ていました。不思議~!!!
すべての検査、無事に終了です!

そのあとこの日にやった検査で分かる部分だけお医者さまから説明があります。
自分の胃腸の中の写真、初めてみました。こわ。

でも今回、やってよかったです。
色々気をつけなければいけないこともわかりました。


そして全てが終わったあとに出してもらった本日、初のごはん!
食事ができるってなんて幸せなんでしょう。

b0182708_13535531.jpg


最終的な詳しい検査報告は日本語で2週間後ぐらいに
自宅に送付してくれます。

ちなみに検診のコースは色々設定があります。
一番お高いコースなどは56,000元(日本円で約20万ちょっと)のコースなどもありますが
自分に必要な項目があるものが選べるのでいいです。

ちなみに私が受けたのは「総合」というコースでした。
婦人系も含まれていて、私はやってよかったです。

台北には他にも日本語で受けられるところもあるようですが
また来年、こちらで受けたいな~と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑↑↑
174.pngランキング参加中:ディープすぎる台湾情報が満載~174.png

by meife-no-shiawase | 2018-05-24 14:40 | MY PRIVATE