(台中:鍋)沙茶醤で食べる熱々のお鍋「汕頭牛肉劉沙茶爐」さん♪名物の豆皮が美味しい!


台湾でよく使う調味料に
沙茶醤」があります。

ちょっとドロッとしているソースで
由来を聞くとマレーシアとかインドネシアのサテのソースを
中国のほうで独特に改良して発展したものらしいです。

材料はピーナツ、魚、ゴマ、海老、ネギ、チリソース、にんにく等々を
混ぜて炒って、油を加えたものだそう。
なのでちょっと油っぽい感じもします。

今回行ったお店にあった沙茶醤
ボールにたっぷり~。

b0182708_17220112.jpg



チャーハンや炒め物に入れると
あっという間に中華系というか、お店っぽい深い味になります。


その沙茶醤のソースで食べるお鍋のお店があります。

台中も暑くなったり涼しくなったり・・・
先週週末はまた肌寒かったので早速そのお鍋屋さんに♪

汕頭牛肉劉沙茶爐」さん~♪

b0182708_17220109.jpg



予約は取っていないそうで
席がなければ空くまで待たなければなりません。
やっぱりちょっと気温が下がったので、
皆、お鍋に来てるのか~混んでます!

b0182708_16301942.jpg



外ではこんな風にアッツアツに熱が通った火鉢が!

b0182708_17220259.jpg



席につくとこの熱々の火鉢とお鍋をお兄ちゃんが運んできてくれますが
お客さんの間を

焼~!焼~!(ショー!ショー!」(って聞こえます)
(台湾語で熱いの意味だそうです)

って言いながら通ってくるのですが
お客さんにぶつかりそうでハラハラ・・・。

お子さん連れの方は注意です。

b0182708_17215462.jpg



お鍋の前にこちらはおつまみに。

肝腸、腊腸、腊肉の盛り合わせ。
干したちょっと甘めのソーセージ。

b0182708_17214848.jpg



これはかな~り脂っぽくて・・・ちと、苦手。

b0182708_17214783.jpg



お鍋の具はお肉、海鮮、餃子系、お野菜などなど色々選べます。
お出汁はサッパリの薄味。

b0182708_17215498.jpg



こちらはこのお店の名物の豆皮!
パリパリです。
スープにつけるとスープを吸い込んで湯葉みたいになります。

b0182708_17214869.jpg


こんなに積んでありました。

b0182708_17220136.jpg



すごい具~。

b0182708_17215423.jpg



牡蠣もとっても新鮮でした♪

b0182708_16302083.jpg



牛肉や豚肉。豚肉が柔らかくて美味でした~♪
イカも新鮮で、プリプリ~。

b0182708_17215445.jpg




ソースは沙茶醤にチリソースやネギを加えます。

b0182708_17214816.jpg



豆皮投入~!
だんだんふやけて柔らかくなっていきます。

豆皮・・・好き♪

b0182708_17220101.jpg




とにかく炭が熱い!
あっという間に体がポカポカに。
色々美味しい~♪

b0182708_16444081.jpg



それが・・・
このお店と全く同じ名前のお店がほかにもあるらしく・・・。


私が行ったのは

大墩路18街185号にあるお店です。

こちらも美味しかったのですが
本店と言われるもう一つのお店の方がもっと美味しいんだとか・・・


支店なのか、姉妹店なのか、なんなのか。
誰も詳しいことは知らないようで・・・

次にまた肌寒い日が来たら、そちらも行ってみよう~

という話になりました♪


by meife-no-shiawase | 2017-04-24 17:11 | 台湾グルメ(中部)