(台東:猪血湯)30分も並んだ「卑南豬血湯」のスープは如何に・・・!?


台東に到着して・・・

目指すはとりあえず懐かしい高台
もう約10年ほど前になりますが
朋の朋の親戚(遠い!)の家があってお邪魔したことがあります。

とっても温かい方たちで
たくさんの「おもてなし~」をして頂きました。
その光景、今もまだ覚えています。


台東の駅でレンタカーしてガソリンを入れて出発~。


と、道を走っていると・・・


なんだ、この行列
(ちょっと写真を加工してみたらカッコいい写真になったので。
セピアっていい雰囲気でるなぁ~(自己満足。笑))

b0182708_21053130.jpg


すると一緒にいた朋が

「あ~、ここ、ここ。有名な古いお店だよ。
お腹空いてないけど、どうする?」

「あれだけ並んでるなんてね~並ぶか」

ということで、Uターンして駐車して列に並びます。

す、すごいな。行列。
お店までこの距離。
どれぐらい待つのかなぁ~?

b0182708_21052620.jpg


こちら。
卑南豬血湯」さんです。
60年ほどの老舗だそう。

b0182708_21042744.jpg


猪血湯とは・・・
豚の血を固めたお豆腐みたいなものを入れた
スープです。

今までも飲んだことがあるけれど
そこまで印象深いお店はなかったなぁ~。

ようやくお店の近くに。
並ぶこと30分ほど。
わおわお。

b0182708_21042807.jpg


メニューです。
猪血湯以外にも色々不思議メニューが。

b0182708_21042738.jpg


とにかくこの日は台東も寒くて
早く熱いスープが飲みたい~!!!
湯気を見てちょっとホッとします。

b0182708_21043742.jpg



注文はこちらで。
画用紙に注文を書いていくおばちゃん。

b0182708_21043772.jpg



ガラスケースに珍しい内臓類が色々。
すごく忙しくてばたばたしてるのにも関わらず

「これはどの部分?」

なんていうこちらの質問には
とっても丁寧に答えてくれるスタッフさんたち。

b0182708_21045396.jpg



この大きなお鍋には煮えたぎるスープ。

b0182708_21043728.jpg


そこに豚の内臓やらを湯がくように入れて
すくいあげています。

b0182708_21043803.jpg


連休中もあるのか、本当に途切れないお客さんたち。
有名人も多く訪れている様子。

b0182708_21045338.jpg



来ました~!!!
これがお店の名前にもなっている「猪血湯」です~。
アツアツ~!!!

b0182708_21050671.jpg


これが猪血~♪
見た目ほどすごい味がするわけでもなく
お豆腐・・・と言われれば、
そうか、お豆腐かぁ~なんていうかんじです。

本当にツルツル~と口の中ですべります。

b0182708_21050625.jpg


スープの中にも腸が。

このスープ。
一口飲んだ時は、

うわっ、濃い~しょっぱい~

って思ったのですが、実はお塩とかそういうのの濃さではなくて
ものすご~く色々な豚のエキスがにじみ出ていて
それが濃厚!

というのも、飲めば飲むほど美味しくてなってきて
濃さを感じなくなってきて・・・

おかわり~!(←スープは後からも足してくれます)
不思議なスープ

b0182708_21050505.jpg


そしてこれは・・・の部分と、あれ?あとどの部分だっけ?!
2種盛りにしてもらったのですが
腸はモチモチ、もう一つのはコリコリ~!
美味しいぃ~!!!

b0182708_21052321.jpg


このソースが美味しぃ~!
みたらし団子の味にちょっと似ていてちょっと甘め。
いやん、美味しぃ~!!!

b0182708_21051383.jpg



うわ。見た目すごいです。
グロテスクだこと・・・。

b0182708_21052360.jpg


これ、豚のしっぽです~!!!
でもこれ、美味しぃ~!!!

こういうのを喜んで食べていると

「メイフェ、あなた、ほんとに日本人?」

と言われることが多いです。

年々、こういうのが好きになっているかも。

b0182708_21051393.jpg



お店から出てきても相変わらずの行列。

b0182708_21042893.jpg

不思議な魅力あるスープでした。
また飲んでみたい~!

それにお店のもう一つの名物が「糯米腸」。
この日はすでに売り切れていて食べられませんでした。
いつかまた台東に来られたら、こちらも!


<お店情報>
卑南猪血湯
台東氏更生北路76号
089-229043
10時30分~19時00(でも売り切れたら終わり)

by meife-no-shiawase | 2017-03-03 21:59 | 台湾グルメ(東部)